選ばれる理由

スタッフ全員で地域住民の皆さまの健康維持・増進に尽くします。

ヨガ写真

当クリニックは西淀川区の皆さまに、最善の医療を提供します。
これは単に最新の医学的知見に基づいてお薬を処方したり、
注射や点滴をすることだけを指すのではありません。
クリニックの職員がそれぞれの立場から住民の皆さまのことを
考え、全員で協力して、皆さま一人一人の健康を守るために全力を 尽くします。

患者さんのニーズを考慮した診療に努めます。

治療写真

当クリニックは西淀川区の皆さまに、最適な医療を提供します。
人間は機械ではありません。だから人間を治療することは、
機械の修理とは全く違います。
私たちは「病気」ではなく常に「人間=患者さん」をみつめ、
患者さんが我々に何を求めておられるかを考え、
何が患者さんにとって必要なのかを考えて、
皆さま一人ひとりの診療に向き合っていきます。

診療内容を患者さんにわかりやすく説明します。

受付写真

当クリニックは西淀川区の皆さまに、
納得のいく医療を提供します。
たとえ必要な検査や治療でも、
押しつけの医療であってはなりません。
特に治療においては、患者さんにその内容を理解して
いただくことが、何よりも大切であると 私たちは考えます。
検査や治療を行う前には患者さんにわかりやすく説明を
させていただき、十分に納得していただきながら
診療を進めていきます。

臨床医として育ててくれた下町で一人一人の患者さんと向き合う
2010年に田井内科クリニックを開業した田井茂先生は、治療の現場をいったん離れた経験を持つだけに、なおさら「患者さん一人一人と向き合う」ことの重みを深く自覚しています。「患者さんと話し合い、共に考える」医療に日々努めています。
インタビュー写真1

継続できる治療を、患者さんと共に考える
「皆さま価値観が違うので、食事療法がしっかりできない理由も人それぞれです。例えば、糖尿病の患者さんの中には、お酒がどうしてもやめられないという人もいます。」と田井先生は言い、「う~ん」と小さく呟きます。
「これは難しい問題なのですが、その人がお酒をのむことをどれくらい大事に思っているかですね。」
「お酒を飲めるんだったらなんぼでも運動をしますという患者さんもいるわけです。そういう人に全く飲むなというのはかわいそうでしょう。無理にやめさせてストレスになってもいけないし、そもそも治療が続かないと思うんですよ。」
そこで患者さんとの話し合いが始まります。量を制限する、休肝日を週に2日設ける、脂っこいものや塩辛いものをつまみにしないといった約束を決め、「トライ&エラー」を重ねながら、その人が継続できる節制法を探っていきます。
「逆に、お酒をたまに飲む、つきあいで飲むという人にはもう絶対にやめてもらおう。」という姿勢で臨む場合も有るそうです。

インタビュー写真2

薬の開発と適正使用を促す仕事に
お酒はあくまでも一例、生活指導全般、そして薬物療法においても、
「どうしたらその患者さんに治療を協力してもらえるのかを考えることが必要」と田井先生は強調します。
「そうして一人一人と向き合うからこそ糖尿病の治療は興味深い」と。
個々の診療に、より時間をかけるために開業したのですか?
先生にそう尋ねると、「違う」という返答。実は田井先生には会社勤めの経験があります。
同クリニックから徒歩数分の場所にある千船病院で6年間、内科診療に従事した後先生は臨床開発医師として製薬企業に5年間勤務しました。薬の開発や、その薬が必要な患者さんに適正使用されるよう、全国の病院を巡って理解を求める仕事は「おもしろかった」そうです。
やがて企業から、管理職になるよう打診されます。転職でした。

インタビュー写真3

患者さんの生活背景にも目を向ける
「製薬企業も患者さん中心の医療をより重視していく中、僕がすべきは管理職ではなく、臨床医として患者さん一人一人に向き合うことではないか」と思った田井先生は、
「恩返しというのは口幅ったいですが、開業するなら、千船病院にいたときに臨床医として成長させてもらった、
西淀川区の人たちをもう一度診よう」と西淀川区佃での開業を決めました。
川に囲まれた中州である佃を、田井先生は「絵にかいたような下町」と評します。
「ここで生まれ育った患者さんがけっこう多いんですよ。長く住むほど居心地良く感じる町なのかも知れませんね。
勤務医のときはそこまで深く患者さんの背景を考えられませんでした」と話す先生に、「管理職ではなく下町の患者さんをしっかりと向き合おうと思われたんですね。」と 問いかけると、「そうなんですよ、下町を選んだんです。」と晴れやかに笑います。


アクセス

医院風景
院名
田井内科クリニック
所在地
大阪府大阪市西淀川区佃3丁目19-11-1F
最寄駅
阪神電鉄本線『千船』駅 
西側出口 徒歩5分
お問い合わせはお気軽に!TEL 06-6195-1636 診療時間・診療案内はこちらから
ページTOP